Childrens Orthodontics

子供の矯正歯科

お子様の矯正治療についてご案内

お子様の矯正治療について詳しくご紹介しております。成長期にあるお子様の顎の骨はまだ完全に固まっておらず、この時期に矯正を行うことで、歯を抜かずに理想的な歯並びを手に入れられます。また、顎の成長を適切に誘導することで、将来的な噛み合わせの問題も予防できます。もちろん、大人になってからもできますが、小さいうちに始めることで得られるメリットは計り知れません。

子供の矯正治療とは

永久歯の噛み合わせの問題の減少

神戸にある矯正歯科「HAT神戸矯正歯科クリニック」では子供のうちから歯列矯正を始められることをおすすめいたします。顎の骨がまだ成長しきっていない子供の間に矯正を行うことで、歯を抜いたりすることもなく理想的な治療ができる場合があります。発育期だからこそある程度顎の骨の成長をコントロールすることが可能なため、大人になって噛み合わせが悪いまま固定されてしまっている場合に比べると、スムーズに矯正していくことができるのです。

大人になったときに歯並びや噛み合わせの悪さでお困りになることがないよう、あらかじめ手を打っておくことが大切です。当院では子供の矯正治療を数多く手掛けてまいりましたので、ご不明な点がありましたら何なりとお尋ねください。
ダウンロード (2)

治療を始めるタイミングは?

顎骨が成長する6歳から

子供の矯正治療は、6歳から14歳までの間に行うと有効性が高いと言われています。その年齢を過ぎてしまうと顎の骨が成長しきってしまい、スムーズな矯正が行えなくなってしまう場合があるからです。成長過程である6歳から14歳の間に矯正をスタートすることによって、歯と顎の大きさのバランスや、上顎と下顎の大きさのバランスを調整しながら治療を進めていくことが可能になります。

もちろん大人になってからでも矯正治療は十分に行えますが、顎の骨の成長をある程度コントロールできる子供のうちに始めておくと、いろいろな点でメリットが大きいと言えます。なお永久歯が6本以上欠損している場合は、保険を適用して矯正することが可能です。お子様の歯の矯正をお考えでしたら、できるだけお早めにご相談ください。
pixta_69230513_M (1)

子供の矯正治療例

反対咬合(受け口)

前歯が逆に咬んでいることを気にされ来院しました。下の前歯は対合の歯に当たらないため、噛み合わせが深くなっています。歯の型をとって、取り外し可能な装置をつける練習をします。一日15分装置に慣れるところから。半年後、反対咬合が改善しました。奥歯が咬みにくいため、もう少し様子を見て、上下の横の歯がお互いに咬んでいきます。これが取り外しのできる装置の治療変化でした。
children1 (1) (1) (1)
children2 (1) (1)

上顎前突(上の歯が出ている)

上の歯が出ていて、口が閉じにくいことを気にされ来院されました。下顎の成長が小さく、呼吸の気道が狭くイビキをされるそうです。下の前歯が上の歯茎に当たって痛むことがあるそうです。歯というのは、相手がいないと全く役に立ちません(機能しません)。歯の型をとって取り外しのできる装置を装着し、一日15分から慣れていただき出っ歯を改善しました。治療でクチビルが閉じやすくなり、口が乾きやすいことを防止、そして唾液が細菌を胃へ押し出してくれます。そのため虫歯や歯肉炎、歯周病になりにくくなります。
children3 (1) (1)
children4 (1) (1)